【裏技】アトピーや敏感肌の下着は綿100%しかありえない件

【裏技あり】アトピーや敏感肌の下着は綿100%しかありえない件ボディケア

アトピーや敏感肌の人の下着は綿100%しかありえない理由を紹介します。

アトピーや敏感肌、乾燥肌が悪化すると、肌のバリア機能が崩れ、小さな摩擦で肌を刺激することになります。

アトピー・敏感肌の下着で悩んでいる。おすすめを知りたいな。

刺激が少ない下着ってどんなものなの?

そんな疑問を解決したいと思います。

【本記事の内容】

  • 下着は綿100%が良い理由
  • 実際に使ってみたおすすめの下着5選
  • 乳首をブラジャーから守る裏技を紹介

この記事を書いている私は、小学5年生からアトピーが悪化し、2㎝の腕にできた小さな炎症が太もも、腕全体、顔、おしり等にどんどん飛び火していきました。

アトピーによる炎症から分泌液が大量に出て、下着やタイツ、成人式の時は振袖まで炎症の液で汚してしまいました。

今では、下着や生活環境の見直し、保湿の徹底で脱ステロイド達成。症状はほとんど出ていません。

私のアトピー・敏感肌の悪化の原因の1つは、乾燥で肌のバリア機能が崩れ、敏感肌・アトピーになっている所に下着や服との摩擦が起こり、どんどん悪化するというものでした。

なのでアトピーや炎症が起こる場所は

  • 七部そでの擦れる腕
  • ブラジャーが当たる乳首
  • インナーが擦れるワキの下
  • パンツのゴムが当たるおしり
  • タイツやストッキングが擦れる太もも

と服との刺激が多い所です。

私の場合は下着との刺激でもアトピーや敏感肌が悪化すると分かりました。

私と同じような症状の人もいると思いますので、

今回の記事を通して、参考にして頂ければと思います。

アトピー・敏感肌の人の下着は綿100%が良い理由

アトピー・敏感肌の人の下着は綿100%が良い理由

自己判断な部分も多いですが、下着は綿100%が一番だと考えています。

今まで、DHOLICのかわいいデザインの下着を着ていました。
DHOLICとは韓国デザインのかわいい洋服や下着などを扱う通販SHOPです。

そのサイトはデザインが良く、値段も安いので愛用していましたが、

使っていくうちに

  • インナーがすれてワキの下
  • ブラジャーがすれて乳首
  • パンツがすれておしり

など、下着と肌が接触する部分に炎症が出てくるようになりました。

素材を見ていくと、ナイロンやウレタンしか入っていないような下着ばかり。

母親の助言で炎症が落ち着くまでは、綿100%の下着に買い替えることにしました。

母親は口すっぱく綿100%が1番!
と言っていたので従うことにしました。

母親曰く、綿95%や綿98%でもダメだそうです。

他の化学繊維が1%入っているだけで肌に悪いと言っていました。

その考えに従い、綿100%のものに変えると、

肌ざわりが優しい気がする・・・

気分的な問題もありますが、確かに肌ざわりが優しいように感じました。

ステロイドの治療や鬼保湿で肌の調子を整えた成果もあったのか、
今ではステロイドを使わずに過ごすことができています。

あまりデザインは可愛くないけど、肌に優しいからこれからも綿100%で我慢していこう。

という事で、これからも私は綿100%にこだわって下着を選んでいくつもりです。

アトピーや敏感肌で炎症が起きている人で、ナイロンやウレタンの素材の下着を使っている人は綿100%の下着に挑戦する選択肢もアリかと思います。

綿100%の下着も着てみて、比較して、自分の肌がホッとするものを愛用して下さいね。

アトピー、敏感肌におすすめの下着5選

私が個人的に使っている下着を紹介します。

私がこだわっているポイントは

  • 綿100%!(95%以上ならギリギリOK)
  • 自分の胸のサイズ・形に合うもの(形に合わないと、乳首が擦れて炎症が起こりました)
  • ある程度のコストパフォーマンス(田中みな実さんのように〇万円の下着は買えないので・・・)

この3つのポイントを意識して選んでいます。

おすすめ①ピープルツリー(People Tree) オーガニックコットン ストレッチ・ジャージーブラ

ひとつめはピープルツリーのブラジャーです。

フェアトレードのオーガニックコットンを使用しているので安心ですし、ワイヤーやホックもないので締め付けが嫌な人、ジムやヨガでも使いたい人も使えます。

ナイトブラとしても使用OKで、応用が効くブラジャーでした。

ただ、綿95%でウレタンが5%配合されている所はイマイチです。

それでも私の肌では荒れませんでしたが、
気分的に綿100%じゃないのかぁ・・・という不安要素があります。

また、カップが小さめなので胸の大きい人には難しいかもしれません。
(私はA~Bカップなので大丈夫笑)

前々から個人的にフェアトレード(生産者が経済的に自立し、コミュニティの環境を守れるように支援する。労働に見合った価格で購入することで生産者さんの権利を守る)の考え方を持つピープルツリーに共感しているので、開発途上国の方々を支援するつもりでも購入しています。

>>フェアトレードについてはこちら

おすすめブラジャー②[無印良品] 脇に縫い目のないフライス編みブラジャー

無印のブラジャーは100%綿なので安心して使っています。

中に入っているカップはさすがに綿100%ではありませんが、
カップの大きさや形も私のA~Bカップの胸にはピッタリです。

カップが嫌な人は取り外しOKなのもGOOD。

デメリットは後ろにフックなどはないので、1年くらい使っていくとゴムが伸びてしまう所かなと思います。

ですが、色がネイビーやグレーなど濃い色もあるので、濃い色の下着が好きな私には嬉しい限り。

私は3色(生成、グレー、ネイビー)すべて購入して、気分で使い分けています。

おすすめブラジャー➂【グンゼ】ノンワイヤーブラジャー 肌側綿100%

グンゼのブラジャーは肌に当たる内側が綿100%です。

どうしてもフック付きを着たい時はこちらを使っています。

さすがグンゼって感じなので見た目も安い印象が無く、胸のシルエットもいい感じです。

ブラジャーをしている!感は一番あります。

肌のやさしさも大事だけど、シルエットも綺麗にしたい時に使っています。

おすすめシャツ①【無印良品】オーガニックコットン・タンクトップ2枚組

色気は無いですが綿100%で安心して着る事ができるシャツです。

厚みも薄すぎず、厚すぎずで1年通して使用可能でした。

2枚980円で安いのに肌に優しく、さすが無印と言いたくなるシャツです。

おすすめシャツ②【nissen(ニッセン)】キャミソール 5枚組

ちょっとおしゃれしたい時はこちら。

キャミソールタイプで色々な柄があるので気分で選べるのも楽しいです。
綿100%なのにSサイズから10Lサイズまで選べるのも優秀。

私はベーシックカラー(黒、グレー、ホワイト、ボーダーなど)を使っています。

5枚組で¥2,519なのでお安いです。

【裏技】乳首をブラジャーから守る方法を紹介

最後に乳首をブラジャーから守る裏技を紹介します。

他の記事でも軽く紹介しましたが、下着と肌の間にティッシュを挟むことです。

簡易ニップレスって感じです。

私はティッシュ1枚を半分に割いて、小さく折りたたんで

ブラジャーと乳首の間に挟んでいました。

そうする事で、ブラジャーの縫い目が乳首に当たる事を阻止できますし、
乳首から分泌液が出ても、ティッシュが吸い取ってくれます。

私は3年ほど挟み続けて、最近は1年ほど症状が出ないのでティッシュを卒業しました。

乳首のアトピーや炎症に悩んでいる人はお試し下さい。

乳首からの分泌液でティッシュが固まってしまったら、
お風呂に入るとティッシュがふやけて取れるので、乳首を傷つけずに外すことができます。

アトピーや敏感肌の下着は綿100%しかありえない件【まとめ】

アトピーや敏感肌の下着は綿100%しかありえない件【まとめ】

自分の経験から、ウレタンやナイロン、ポリエステルなどが配合されている下着から綿100%の下着に変えることで、肌に安心して使えることができました。

下着を変えるだけでなく、しっかり皮膚科で治療してもらったり、ケアする事も大切です。

ですが、どんなに肌をケアしていても、肌に合わない下着を使ってしまうと意味が無いので、自分の肌がホッとする使用感の下着を見つけてほしいと思います。

アトピーや敏感肌の炎症が、皮膚と下着に接触する部分に生じている人は、一度下着を見直してみて下さい。

私はこれからも綿100%にこだわっていきたいと思います。

今回紹介した下着はこちら

アトピー、敏感肌の人で脱保湿に悩んでいる人は「【無駄でした】アトピー歴20年が脱保湿をあきらめた話【やめました】」の記事も参考にして下さい。

アトピー、敏感肌のお風呂の入り方はこちらで紹介しています。