▶ みんなが読んでる脱毛器ランキングはこちら>>

【デメリットあり】実際に使ったKINUJOドライヤーの口コミは?メリット悪かった所を徹底解説【絹女ヘアドライヤー】

KINUJO(絹女)ドライヤーが故障しやすいって本当?【結論】ヘアケア

実際に使ったKINUJOのヘアドライヤーの口コミを知りたい人向けの記事です。

KINUJOドライヤーを実際に使った口コミが知りたい。

KINUJOドライヤーを実際に使った人はどんな所にメリット・デメリットを感じたのかな?

そんな疑問を解決します。

ドライヤーを探している人で、KINUJOヘアドライヤーを使った人の口コミや感想を知りたい人も多いですよね。

購入した後にKINUJOヘアドライヤーを買わなければよかった。とならないように、この記事では実際にKINUJOヘアドライヤーを使って感じた良かった所や悪かったところを詳しく紹介しているので参考にして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

実際に使ったKINUJO(絹女)のドライヤーの口コミは?良かった所、悪かったところは?

実際に使ったKINUJO(絹女)のドライヤーの口コミは?良かった所、悪かったところは?

実際にKINUJO(絹女)ヘアドライヤーを使って感じたメリット・デメリットは下記のとおりです。

  • 33,000円の価格で、コスパが良いと感じた。
  • 大風量、温度調節が3段階で調整できるので頭皮が熱くならない
  • 他のドライヤーよりめちゃめちゃ軽いので使いやすい
  • グッドデザイン賞を受賞していてデザインがシンプルでおしゃれ
  • グロスモード・スカルプモード・スウィングモードがめちゃ便利
  • 業界が注目している超遠赤外線で乾かす事ができる
  • 冷風も風量を変えることができる

っていう感じです。

実際に使っていてデメリットに感じる事は下記のとおり。

  • 軽いドライヤーなのに大風量なので、製品の耐久性が少し不安
  • 冷風ボタンをずっと押し続けないと出ない

KINUJOドライヤーを実際に使っていて満足しています。軽くて大風量、温度調節や機能も豊富です。興味のある人には使ってみてほしいドライヤーでした。

KINUJO公式サイトでは効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

それでは詳しく解説していきます。

良かった口コミ①KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは33,000円の値段で、コスパが良いと感じた。

良かった口コミ①KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは33,000円の値段で、コスパが良いと感じた。

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは33,000円(税込)で価格帯が丁度良い、コスパが良いドライヤーだと感じました。

値段の違いは下記のとおりです。

KINUJO33,000円(税込)
ダイソン45,760円(税込)
パナソニック
ナノケア
38,610円(税込)
リファ36,900円(税込)
レプロナイザー
7Dplus
79,200円(税込)

高級ドライヤーの価格帯の中ではKINUKJOはコスパが良いと感じています。

ダイソンより約12,000円安いのに

  • ダイソンとほぼ同じ風量の大きさ
  • 重さはダイソンの約半分
  • スカルプモード、スウィングモード、グロスモードなど機能が豊富
  • 生命光線や育成光線とも呼ばれる「超遠赤外線」で乾かす事ができる

っていう感じで、性能や機能がかなり良いんですよね。

3万円台のドライヤーの中で、機能、使い勝手がかなり満足できるものでした。

 

KINUJO公式サイトでは効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

良かった口コミ②KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは大風量、温度調節が3段階で調節できる

良かった口コミ②KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは大風量、温度調節が3段階で調節できる

風量や温度調節ができるドライヤーが欲しい人はKINUJO(絹女)ヘアドライヤーがかなりおすすめだと感じました。

KINUJOドライヤーの風量はダイソン並みの2.2㎥/分なんですよね。
(ダイソンは2.4㎥/分)

KINUJOヘアドライヤーは大風量なのででめちゃめちゃ早く乾かせました。

  • パナソニックのナノケアは1.3㎥/分
  • ダイソンは2.4㎥/分
  • リファのドライヤーは1.4㎥/分
  • KINUJOは2.2㎥/分

っていう感じなのでKINUJOプロヘアドライヤーはダイソン並みの風量でリファやパナソニックのドライヤーに比べて1.0㎥/分ぐらい風量が大きいです。

実際にKINUJOプロヘアドライヤーを使っていて、風量は弱風・中風・強風から選べるんですが、強風を選ぶ必要がないくらい、弱風・中風でも満足できました。

とにかく風量が大きいドライヤーで早く乾かしたい!という人はKINUJOドライヤーがかなり買いだと感じました。

 

温度も低温・中温・高温・冷風から選べるので『頭皮が熱くなりすぎる』事がないのがとても嬉しかったです。

他のドライヤーを試した時、『頭皮や髪が熱くなる』事が多くて、長時間使用する事に怖くなるものもありました。

KINUJOドライヤーは温度を調節できるので、頭皮が熱くなる事がなくなったのは本当に嬉しい事でした。

 

KINUJO公式サイトでは効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

良かった口コミ➂KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは他のドライヤーよりめちゃめちゃ軽いので使いやすい

良かった口コミ➂KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは他のドライヤーよりめちゃめちゃ軽いので使いやすい

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーはめちゃめちゃ軽いんですよね。

他のドライヤーとの比較は下記のとおり。

  • ダイソンのドライヤーは約630g
  • パナソニックのナノケアは約575g
  • レプロナイザー4DPlusは約750g
  • リファのドライヤーは約740g
  • KINUJOプロは約363g

他のドライヤーより半分ぐらい軽い。

はじめてKINUJOのドライヤーを持った時に、『軽い!』と思わず言ってしまいました。

高齢の母親も、ドライヤーが重い事に不便さを感じていて、KINUJOのドライヤーが軽くて使いやすいと言っていました。

重いものを持ちにくい人にかなりおすすめできるドライヤーです。大風量で乾かす事が出来るので、ドライヤーを持つ時間も短縮できます。

とにかく軽いドライヤーが良いという人はKINUJO一択です。

KINUJO公式サイトでは効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

良かった口コミ④KINUJO(絹女)ヘアドライヤーはグッドデザイン賞を受賞していてデザインがシンプルでおしゃれ

良かった口コミ④KINUJO(絹女)ヘアドライヤーはグッドデザイン賞を受賞していてデザインがシンプルでおしゃれ

引用:KINUJO公式サイト

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーはグッドデザイン賞を受賞していて、めちゃめちゃオシャレなんですよね。

シンプルなデザインでとても気に入っています。

洗面所をシンプルにしている人、白やモノトーンで統一している人、ミニマリストやシンプリストのインテリアにも馴染むデザインだと感じました。

カラーはホワイト、モカ(茶色のくすみカラー)ペールブルー(水色)の3種類です。

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーのグロスモード・スカルプモード・スウィングモードがめちゃ便利

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーのグロスモード・スカルプモード・スウィングモードがめちゃ便利

引用:KINUJO公式サイト

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーには3つのモードがあります。

  • グロスモード
    (ツヤを出しながら、くせを伸ばすモード)
  • スカルプモード
    (低温風設定で優しい風が出るモード)
  • スウィングモード
    (温風と冷風を自動で切替えるモード)

上記の3つのモードはどれもかなり使える機能でした。

私は基本的には『スウィングモード』で乾かしています。
スウィングモードを使えば、冷風と温風の自動切替えで、髪を熱ダメージから守る事ができます。

美容サロンの動きを自動で再現。K I N U J O 独自技術「シルクセンシング」で、温風と冷風を自動で切替え、髪を熱ダメージから守ります。

引用:KINUJO公式サイト

 

頭皮や髪が乾燥しているな?と感じる時は『スカルプモード』にしてます。

低温風設定で優しい風が髪と頭皮を保湿し、乱れがちな短い毛を抑えながらキューティクルを引き締め、健康的な髪に導きます。

引用:KINUJO公式サイト

 

おしゃれしたい時とか、とにかく髪をツヤツヤにしたい!という時はグロスモードを使っています。

全体が乾かせたら、ブローはGLOSS MODEに。
ツヤを出しながら、くせを伸ばす最適な温度・風量で、毛先までまとまるうるツヤ髪に。

引用:KINUJO公式サイト

っていう感じで、3つのモードを使いわけると乾燥や頭皮・髪へのダメージも防ぎ、髪はまとまるのでKINUJOのドライヤーを愛用していて良かったと感じています。

 

KINUJO公式サイトでは3つのモードの効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

良かった口コミ⑤KINUJO(絹女)ヘアドライヤーで業界が注目している超遠赤外線で乾かす事ができる

良かった口コミ⑤KINUJO(絹女)ヘアドライヤーで業界が注目している超遠赤外線で乾かす事が可能

これはKINUJOの公式サイトを見てはじめて知ったんですが、KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは遠赤外線を超えた超遠赤外線で乾かす事ができるんですよね。

「超!遠赤外線」は、直進性、浸透性、透過性を持ち、物質を貫通する周波(テラヘルツ波)のため体や髪の芯に作用するとされています。
その性質から生命光線や育成光線とも呼ばれる「超遠赤外線」は、特に医療分野では既に沢山の研究や開発が進められています。

引用:KINUJO公式サイト

30代半ばになり、髪のボリュームや白髪に悩んでいるので、KINUJOの『生命光線や育成光線』の効果に期待しています。

超遠赤外線で髪を乾かしたい!という人にも買いのドライヤーでした。

 

KINUJO公式サイトでは効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

良かった口コミ⑥KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは冷風も風量を変えることができる

良かった口コミ⑥KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは冷風も風量を変えることができる

これもかなり嬉しい機能で、冷風も風量を調整できて、大風量で冷風を使えるのが良かったです。

前使っていたパナソニックのドライヤーは冷風になると風量が『弱風』にしかならなくてもどかしい思いをしていました。

冷風でも『大風量で乾かしたい!』と思っていたので、かなり嬉しい機能でした。

冷風でも大風量で髪を乾かしたい。という人にも使えるドライヤーです。

悪かった口コミ②軽いドライヤーなのに大風量なので、製品への耐久性が少し不安

悪かった口コミ②軽くいドライヤーなので大風量なので、製品への耐久性が少し不安

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーはダイソン並みの大風量だけど、ダイソンより重さは約半分。

軽くてコンパクトなドライヤーだからこそ、耐久性が少し不安だと感じました。

1番大きい風量で乾かすと、ドライヤーが吹っ飛びそうなぐらいの大風量なんですよね。

 

なのでKINUJOドライヤーの耐久性が心配な人は公式サイトで購入するようにして下さいね。正規販売店・公式サイトだと『購入日から1年間の保証期間』があります。

自然に故障したものは、購入してから1年間は保証してもらえますよ。

KINUJOドライヤーの効果、性能、保証などの詳しい内容は公式サイトを確認して下さいね。品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

悪かった口コミ②絹女ドライヤーは冷風ボタンをずっと押し続けないと出ない

悪かった口コミ②絹女ドライヤーは冷風ボタンをずっと押し続けないと出ない

KINUJO(絹女)ヘアドライヤーは冷風ボタンをずっと押し続けないと出ないのでそこはデメリットだと感じました。

ただ、この仕様はダイソンなどの他のドライヤーも一緒なので仕方がないかな。と。

パナソニックのドライヤーなど一度COLDにボタンを切り替えるとずっと冷風が出続けるものがあるので、そのドライヤーで慣れている人は、『ずっと冷風ボタンを押し続ける』事に違和感を感じる人もいるかな。と感じました。

 

KINUJO公式サイトでは効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

実際に使ったKINUJO(絹女)のドライヤーの口コミは?良かった所、悪かったところは?【まとめ】

実際にKINUJO(絹女)ヘアドライヤーを使って感じたメリット(良かった所)・デメリット(悪かった所)は下記のとおりです。

  • 33,000円の価格で、コスパが良いと感じた。
  • 大風量、温度調節が3段階で調整できるので頭皮が熱くならない
  • 他のドライヤーよりめちゃめちゃ軽いので使いやすい
  • グッドデザイン賞を受賞していてデザインがシンプルでおしゃれ
  • グロスモード・スカルプモード・スウィングモードがめちゃ便利
  • 業界が注目している超遠赤外線で乾かす事ができる
  • 冷風も風量を変えることができる

っていう感じです。

実際に使っていてデメリットに感じる事は下記のとおり。

  • 軽いドライヤーなのに大風量なので、製品の耐久性が少し不安
  • 冷風ボタンをずっと押し続けないと出ない

KINUJOドライヤーを実際に使っていて満足しています。軽くて大風量、温度調節や機能も豊富です。興味のある人には使ってみてほしいドライヤーでした。

KINUJO公式サイトでは効果や性能の詳細や使い方の動画が掲載されているので一度確認するようにしましょう。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもして下さいね。

>>KINUJO公式サイトで詳しい内容を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位獲得・1年間保証付き

 

KINUJOドライヤーは偽物や詐欺サイトが発見されている可能性があります。
詳しい内容は下記の記事を参考にして下さい。

KINUJOプロドライヤー(黒色)を実際に使った感想はこちら。

KINUJOドライヤーが壊れやすいか、故障の対応についてはこちら。