▶ みんなが読んでる脱毛器ランキングはこちら>>

【どっちが買い?】KINUJOドライヤーとKINUJOプロドライヤーの違いは?実際に比較して使ったので徹底解説します。【絹女Proヘアドライヤー】

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い①値段は13,200円違うヘアケア

KINUJOのドライヤーとKINUJOプロドライヤーの性能や効果の違いについて知りたい人向けの記事です。

普通のKINUJOドライヤーとKINUJOプロヘアドライヤーの違いについて知りたいな。

普通のKINUJOヘアドライヤーとKINUJOプロヘアドライヤーの性能や効果、値段などを比較したい。

そんな疑問を解決します。

KINUJO(絹女)ドライヤーを購入する時に、普通のKINUJOドライヤーかプロ仕様のKINUJOプロドライヤーのどちらを買えば良いか悩む人もいますよね。

『KINUJOプロドライヤーをせっかく購入したのに、普通のKINUJOドライヤーにしておけば良かった』とならないように、実際に両方使用して比較したので参考にして下さいね。

>>詳しい内容はKINUJO公式サイトへ

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

普通のKINUJOとKINUJO(絹女)プロ(Pro)ヘアドライヤーの違いは?値段・性能・効果の比較は?【結論】

普通のKINUJOとKINUJO(絹女)プロ(Pro)ヘアドライヤーの違いは?値段・性能・効果の比較は?【結論】

結論として普通のKINUJOとKINUJOプロヘアドライヤーの違いは下記のとおりです。

 普通のKINUJO
ドライヤー
KINUJOプロ
ドライヤー
 
値段33,000円
(税込)
46,200円
(税込)
重さ約363g約363g
風量2.2㎥/分
強風・中風・弱風
2.3㎥/分
強風・中風・弱風
温度高温・中温・
低温・冷風
高温・中温・
低温・冷風
 「超遠赤外線」
あり
「超遠赤外線」
あり
モード・グロスモード
・スカルプモード
・スウィングモード
シルクモード
塗装低汚染塗 なし低汚染塗 あり
コードの
長さ
2m3m
 >>公式サイト>>公式サイト

実際に普通のKINUJOヘアドライヤーとプロドライヤーを両方使ってみて

  • 値段は13,200円、KINUJOプロヘアドライヤーが高い
  • 重さどちらも約363gで同じ
  • 風量は0.1㎥/分、KINUJOプロヘアドライヤーの方が大きいけど、体感は同じ風量
  • 温度もほぼ同じ
  • どちらも生命光線や育成光線とも呼ばれる「超遠赤外線」で乾かす事ができる
  • 乾かすモードは普通のKINUJOの方が多い
  • 耐久性の良さ、汚れが付きにくさ、高級感はKINUJOプロヘアドライヤー
  • コードの長さはKINUJOプロヘアドライヤーの方が1m長いので美容院やヘアサロンで使う人はこっち

って感じでした。

性能は普通のKINUJOヘアドライヤーもKINUJOプロドライヤーもほとんど大差がないと感じています。

普通のKINUJOドライヤーは乾かすモードが3種類あるので使い勝手が良いですし、KINUJOプロヘアドライヤーは塗装に低汚染塗が塗られていて全然汚れないし、丈夫でした。

  • 少しでも安く性能が良いドライヤーが良いっていう人
    →自宅で使うなら普通のKINUJOヘアドライヤーで十分問題ない
    普通のKINUJOドライヤー
  • 少し高価になっても耐久性がある方が良い
    コードが長い方が良いっていう人や美容院やヘアサロンで使いたい人
    KINUJOプロドライヤー 

って感じでした。

性能や機能は普通のKINUJOヘアドライヤーもKINUJOプロドライヤーもほぼ同じ(モードの数だけなら普通のKINUJOヘアドライヤーの方が多い)ので、家庭で使いたい人は普通のKINUJOヘアドライヤー、美容院やヘアサロンで使いたい、とにかく黒色が大好きっていう人はKINUJOプロドライヤー を購入しましょう。

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い①値段は13,200円違う

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い①値段は13,200円違う

  • 普通のKINUJOドライヤーは33,000円
  • KINUJOプロドライヤーは46,200円

値段は13,200円、KINUJOプロヘアドライヤーの方が高価になっています。

性能が良くて、少しでも安いドライヤーが良いって人はほとんど性能は同じなので普通のKINUJOドライヤーを購入すれば問題ないように感じました。

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い②重さはどちらもほぼ同じ

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い②重さはどちらもほぼ同じ

  • 普通のKINUJOドライヤーは約363g
  • KINUJOプロドライヤーは約363g

普通のKINUJOドライヤー、KINUJOプロドライヤーどちらも約363gで同じ重さでした。

  • ダイソンのドライヤーは約630g
  • パナソニックのナノケアは約575g
  • レプロナイザー4DPlusは約750g
  • リファのドライヤーは約740g
  • KINUJOどちらも約363g

KINUJOのドライヤーは他のドライヤーより半分くらいの重さなんですよね。

私は家電量販店で色んなドライヤーを実際に持ってお試ししていたんですが、KINUJOのドライヤーを持った時に『軽っっ!』って思わず言ってしまいました。

軽いドライヤーが欲しい人は普通のKINUJOドライヤー、KINUJOプロドライヤーのどちらでもOK!

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い③風量は0.1㎥/分違うが、体感はほぼ同じ

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い③風量は0.1㎥/分違うが、体感はほぼ同じ

風量はそれぞれ下記のとおり、

  • 普通のKINUJOドライヤーは2.2㎥/分
  • KINUJOプロドライヤーは2.3㎥/分

風量はKINUJOプロヘアドライヤーの方が0.1㎥/分大きくなっていました。

実際に普通のKINUJOドライヤーもKINUJOプロヘアドライヤーも使いましたが、体感として同じ風量に感じたので、風量については特にこだわらなくていいと感じました。高温・中温・低温・冷風の切り替えで温度も同じでした。

KINUJOの強風は風量が大きすぎるので、私は結局中風までの風量でしか使用していません。風量・温度はどちらもほぼ同じなので安心して下さいね。

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い④どちらも生命光線や育成光線とも呼ばれる「超遠赤外線」で乾かせる

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い④どちらも生命光線や育成光線とも呼ばれる「超遠赤外線」で乾かせる

引用:KINUJO公式サイト 

特に超遠赤外線は生命光線や育成光線とも呼ばれ、特に医療分野では既に沢山の研究や開発が進められています。

普通のKINUJOドライヤーもKINUJOプロどちらもどちらも「超遠赤外線」で乾かす事ができます。

超遠赤外線は生命光線や育成光線とも呼ばれ、特に医療分野では既に沢山の研究や開発が進められています。

KINUJOヘアドライヤーはW遠赤外線で熱効率がアップしたドライヤーなので、髪や頭皮のために遠赤外線で髪を乾かしたいという人にはおすすめです。

KINUJOヘアドライヤーには下記の2つのW遠赤外線が使用されています。

  • 超遠赤外線(シルクディフューザー)
    直進性・浸透性・透過性を持ち、物質を貫通する周波(テラヘルツ波)のため体や髪の芯に作用するとされています。
  • 遠赤外線(シルクヒーター)

2つの遠赤外線の温熱効果で、髪の内部から熱を生み出し、速乾性を高めながら髪に潤いとツヤを与えるドライヤーなんですよね。

普通のKINUJOドライヤーもKINUJOプロドライヤーもどちらもこの遠赤外線で乾かす事ができるので安心して下さいね。

はじめKINUJOプロヘアドライヤーしか超遠赤外線は出ないと思っていましたが、普通のKINUJOドライヤーも対応しているのは嬉しい限りです。

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い⑤乾かすモードは普通のKINUJOドライヤーの方が多い

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い⑤乾かすモードは普通のKINUJOドライヤーの方が多い

乾かすモードは普通のKINUJOの方が多いので注意が必要です。

 普通のKINUJO
ドライヤー
KINUJOプロ
ドライヤー
 
モード・グロスモード
・スカルプモード
・スウィングモード
シルクモード

普通のKINUJOは髪を乾かす時に下記の3つのモードを使用できます。

  • グロスモード
    (ツヤを出しながら、くせを伸ばすモード)
  • スカルプモード
    (低温風設定で優しい風が出るモード)
  • スウィングモード
    (温風と冷風を自動で切替えるモード)

上記の3つのモードはどれもかなり使える機能でした。

 

対してKINUJOプロヘアドライヤーは1つのシルクモードのみです。

KINUJOプロヘアドライヤーのシルクモードは冷風と温風が自動で切り替わるモードです。

ドライヤーの熱を自動で切り替えて、オーバードライによるキューティクルの損傷やタンパク変性を防止。
熱ダメージから髪を守りながら、潤い感とツヤ感を与えます。

引用:KINUJO公式サイト 

温風と冷風が自動で切り替わるので、シルクモードにしたまま乾かすだけでオーバードライによるキューティクルの損傷やタンパク変性を防止できます。

 

KINUJOプロヘアドライヤーのシルクモードは、普通のKINUJOドライヤーのスイングモードにあたるのかな?と感じています。

なので冷風、温風が自動で切り替わるモード以外の

  • グロスモード
    (ツヤを出しながら、くせを伸ばすモード)
  • スカルプモード
    (低温風設定で優しい風が出るモード)

も使いたい!という人はKINUJOプロヘアドライヤーじゃなくて、普通のKINUJOドライヤーを購入するようにして下さいね。

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い⑥耐久性の良さ、汚れが付きにくいのはKINUJOプロヘアドライヤーが上

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い⑥耐久性の良さ、汚れが付きにくいのはKINUJOプロヘアドライヤーが上

実際に普通のKINUJOドライヤー、KINUJOプロドライヤーどちらも使いましたが、耐久性の良さ、汚れの付きにくさはKINUJOプロドライヤーの方がダントツ良いですね。

表面は汚れがつきにくい低汚染塗料が塗られていて、汚れや手垢などが全然つかないし、目立ちませんでした。

ボディも丈夫なつくりで、長く愛用できそうです。

プロの美容師さんが毎日使用することを想定しているのでかなり頑丈なつくりが好印象。黒色で形もカッコよくておしゃれなんですよね。高級感もあります。

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い⑦コードの長さはKINUJOプロヘアドライヤーの方が長いので美容院で使うのはこっち

KINUJO(絹女)プロ(PRO)ドライヤーの違い⑦コードの長さはKINUJOプロヘアドライヤーの方が長いので美容院で使うのはこっち

コードの長さは

  • 普通のKINUJOドライヤーは2m
  • KINUJOプロヘアドライヤー3m

KINUJOプロヘアドライヤーの方が1m長いので、さすが業務用って感じでした。

家庭で使っていてもKINUJOプロヘアドライヤーの3mコードが長すぎて不便と感じる事はなかったです。

コードの太さも全然違っていました。

KINUJOプロヘアドライヤーの方がかなり太いです。

コードを比較した感じは、KINUJOプロドライヤーは断線しにくいように感じました。

KINUJOプロヘアドライヤーは、毎日何回も使用する美容院やヘアサロンを想定した耐久性のある作りのドライヤーです。

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

普通のKINUJOとKINUJO(絹女)プロ(Pro)ヘアドライヤーの違いは?値段・性能・効果の比較は?【結論】

普通のKINUJOとKINUJO(絹女)プロ(Pro)ヘアドライヤーの違いは?値段・性能・効果の比較は?【結論】

結論として普通のKINUJOとKINUJOプロヘアドライヤーの違いは下記のとおりです。

 普通のKINUJO
ドライヤー
KINUJOプロ
ドライヤー
 
値段33,000円
(税込)
46,200円
(税込)
重さ約363g約363g
風量2.2㎥/分
強風・中風・弱風
2.3㎥/分
強風・中風・弱風
温度高温・中温・
低温・冷風
高温・中温・
低温・冷風
 「超遠赤外線」
あり
「超遠赤外線」
あり
モード・グロスモード
・スカルプモード
・スウィングモード
シルクモード
塗装低汚染塗 なし低汚染塗 あり
コードの
長さ
2m3m
 >>公式サイト>>公式サイト

実際に普通のKINUJOヘアドライヤーとプロドライヤーを使ってみて

  • 値段は13,200円、KINUJOプロヘアドライヤーが高い
  • 重さどちらも約363gで同じ
  • 風量は0.1㎥/分、KINUJOプロヘアドライヤーの方が大きいけど、体感は同じ風量
  • 温度もほぼ同じ
  • どちらも生命光線や育成光線とも呼ばれる「超遠赤外線」で乾かす事ができる
  • 乾かすモードは普通のKINUJOの方が多い
  • 耐久性の良さ、汚れが付きにくさ、高級感はKINUJOプロヘアドライヤー
  • コードの長さはKINUJOプロヘアドライヤーの方が1m長いので美容院やヘアサロンで使う人はこっち

って感じでした。

性能は普通のKINUJOヘアドライヤーもKINUJOプロドライヤーもほとんど大差がないと感じています。

普通のKINUJOドライヤーは乾かすモードが3種類あるので使い勝手が良いですし、KINUJOプロヘアドライヤーは塗装に低汚染塗が塗られていて全然汚れないし、丈夫でした。

  • 少しでも安く性能が良いドライヤーが良いっていう人
    →自宅で使うなら普通のKINUJOヘアドライヤーで十分問題ない
    普通のKINUJOドライヤー
  • 少し高価になっても耐久性がある方が良い
    コードが長い方が良いっていう人や美容院やヘアサロンで使いたい人
    KINUJOプロドライヤー 

って感じでした。

性能や機能は普通のKINUJOヘアドライヤーもKINUJOプロドライヤーもほぼ同じ(モードの数だけなら普通のKINUJOヘアドライヤーの方が多い)ので、家庭で使いたい人は普通のKINUJOヘアドライヤー、美容院やヘアサロンで使いたい、とにかく黒色が大好きっていう人はKINUJOプロドライヤー を購入しましょう。

 

KINUJO公式サイトには、それぞれの性能、効果、値段の違いや取扱説明書も掲載されているので一度確認するようにして下さいね。
品薄の場合があるので、あわせて在庫のチェックもしましょう。

>>KINUJO公式サイトで詳細・在庫を確認する

プロも認めるドライヤー/
KINUJO公式サイトで
詳細を確認する>>

※ランキング第1位・メーカー1年間保証付き

 

KINUJO(絹女)のドライヤーは詐欺サイトがある可能性があります。
詳しい内容は下記を参考にして下さい。

KINUJO(絹女)ドライヤーのはどのサイトで購入すると損しないかについてはこちら。

KINUJO(絹女)のドライヤーを実際に使って感じた感想はこちら。