トリアスキンエイジングレーザーの対応部位はどこ?どの部位を美顔器でケアできる?

トリアスキンエイジングレーザーの対応部位はどこ?どの部位を美顔器でケアできる?スキンケア

トリアスキンエイジングレーザーはどの部位をケアできるのか知りたい人向けの記事です。

トリアスキンエイジングレーザーはどの部位を照射する事ができるのかな?

トリアスキンエイジングレーザーの対応部位が知りたいな

そんな疑問を解決します。

トリアスキンエイジングレーザーはクリニックでエイジングケアで主に用いる「フラクショナルレーザー」技術を応用したレーザーです。

クリニックのレーザーを家庭用に応用した製品なので使用上で注意点も多いと感じています。

トリアスキンエイジングケアレーザーでケアしたいのに、『自分がケアしたい部位はできなかった!』となるのは避けたいですよね。

そのような事がないように、この記事を参考にして下さい。

>>詳しい内容はトリア公式サイトへ 

\30日間全額返金保証・10,190円割引
公式サイトで確認する>>
※2年保証・選べるプレゼント付き

トリアスキンエイジングレーザーの対応部位はどこ?どの部位を美顔器でケアできる?【結論】

トリアスキンエイジングレーザーの対応部位はどこ?どの部位を美顔器でケアできる?【結論】

結論としてトリアスキンエイジングケアレーザー でケアできる部位は下記のとおりです。

  • 顔の皮膚の下に骨がある部位はケアできる
  • 顔の皮膚の下に骨がない部位はケアできない
    (目やまぶたなど)
  • やけど、切り傷がある部位はケアできない
  • タトゥーがある部位はケアできない
  • 顔以外の部位はケアできない

という感じです。

基本的には皮膚の下に骨がある部分(顔)はケアできます。

やけど、切り傷などの不具合がある場所、タトゥーがある部位はケアできません。
美容クリニックなどで顔を施術している人は、クリニックの担当に相談してから利用しましょう。

首などの顔以外の部位もケアできないとは言えませんが、顔以外の使用は試験されていないので、あくまでも自己責任の利用になります。

 

トリアスキンエイジングケアレーザーの詳しい使用方法や効果についてか公式サイトを確認して下さい。公式サイトなら、取り扱い説明書もダウンロードできるのでチェックしましょう。

使ってみて微妙だったら30日間全額返金保証があるので、返品すればOK。

>>トリア公式サイトで詳細・在庫の確認をする 

\30日間全額返金保証・10,190円割引
トリア公式サイトで
詳細を確認する>>

※2年保証・選べるプレゼント付き

トリアスキンエイジングケアレーザーを利用できる部位はどこ?詳しい内容を解説

トリアスキンエイジングケアレーザーの利用できる部位を詳しく説明していきますね。

下記の内容でも解決できない人はトリア公式サイトの問い合わせから電話やメールで確認する事をおすすめします。
>>トリア公式サイトで問い合わせ先を確認する 

①顔の皮膚の下に骨がある部位はケアできる

①顔の皮膚の下に骨がある部位はケアできる

基本的にはトリアスキンエイジングケアレーザー で顔をケアできます。
顔の皮膚の下に骨がある部位がケアの対象です。

トリアのスタッフさんも『骨がある上の皮膚をケアするとOK』とおっしゃっていました。

私は顔のまぶた、目の周り、唇以外はトリアスキンエイジングケアレーザーを当てています。

 

②顔の皮膚の下に骨がない部位はケアできない(目など)

皮膚の下に骨がある部位はケアできるという事は、皮膚の下に骨がない部位はケアできないという事になります。

なので、顔の部分では、目やまぶたの上はケアをする事ができません。

唇の部分も注意して下さい。
(口周りでケアできるが、唇、唇の粘膜部分はNG)

実際にトリア公式サイトでも下記のように明記されていました。

目やまぶたには使用しないでください。
レーザーを目に直接向けないでください。

このような行為は、失明または一時的な視力喪失などを含む、目に重度の損傷を起こす恐れがあります。目の周囲で骨が感じられる部分に限って使用してください。

引用:トリア公式サイト 

目の周囲で骨が感じられる部分からケアができます。

目はとても大切な器官なので、私も説明書通りさけてケアしています。

>>詳しい内容はトリア公式サイトへ 

\30日間全額返金保証・10,190円割引
公式サイトで確認する>>
※2年保証・選べるプレゼント付き

➂やけど、切り傷がある部位はケアできない

➂やけど、切り傷がある部位はケアできない

やけどや切り傷など不具合がある部位は避けた方が良いです。

そのような不具合がある部位に、刺激を与える事になるのでケアしないようにしましょう。

肌に感染、やけど、切り傷がある場合は本製品を使用しないでください。
本体をそのような肌に使用すると不快感や刺激を起こす恐れがあります。

肌が回復してから再度本体をご使用ください。

引用:トリア公式サイト 

肌が回復してからケアするようにしましょう。

④タトゥーがある部位はケアできない

トリアスキンエイジングケアレーザーはタトゥーや入れ墨がある部位はケアできないので注意して下さい。

タトゥー部分が損傷してしまう可能性があります。

タトゥーを施した肌あるいはアートメイクなどのある部分にはトリートメントしないでください。
タトゥーを損傷したり皮膚損傷の危険性が高くなる恐れがあります。

引用:トリア公式サイト 

 

⑤顔以外の部位はケアできない

⑤顔以外の部位はケアできない

基本的にトリアスキンエイジングケアレーザーは顔のみの利用で試験しているので、顔以外の利用は保証されていないので、注意して下さいね。

顔以外の部分にはトリートメントしないでください。
他の部分への本体の使用は試験されておらず、危険性は不明です。

引用:トリア公式サイト 

私は首にも使用していますが、今のところ問題無く使えています。

ただ、あくまでも自己責任になるので顔以外の利用は注意です。

>>詳しい内容はトリア公式サイトへ 

\30日間全額返金保証・10,190円割引
トリア公式サイトで
詳細を確認する>>

※2年保証・選べるプレゼント付き

【補足①】トリアエイジングケアレーザーはほくろやシミの上はケアできるの?

【補足①】トリアエイジングケアレーザーはほくろやシミの上はケアできるの?

基本的に、トリアエイジングケアレーザー は肝斑、ほくろ、シミの上を照射しても問題ありません。

トリアの脱毛器は黒色のメラニン色素を反応して脱毛するので、ほくろやシミの上は利用できませんが、トリアの美顔器は色素に反応するシステムではないのでほくろやシミ、肝斑の上でも照射する事ができます。

私の顔はほくろが多くて、避けてケアするのはぶっちゃけ面倒だったので、とても助かりました。

個人的にはホクロやシミの部分をエイジングケアレーザーで照射すると痛みが強くな感じます。でも特に炎症も起こりませんでした。

【補足②】美容クリニックなどで施術していたり、通院している人は注意が必要

【補足②】美容クリニックなどで施術していたり、通院している人は注意が必要

トリア公式サイト に掲載されている取り扱い説明書を確認すると、『美容関係のクリニックで施術している人など』は購入前にクリニックで相談した方が良いと感じています。

取り扱い説明書によると下記の場合は利用できないと明記されていました。

  • スキンピール、レーザーリサーフェシングなどのプロによる美容施術を受けている場合
  • 毒素製剤(ボトックスなど)や充填剤の注入施術を受
    けている場合
  •  イソトレチノインやその他の経口投与レチノイド(アキュテインなど)など日光を避ける必要のある薬剤を服用している場合
  • ステロイドを含む薬剤を服用している場合
  • 日光への敏感性が高まる疾患がある場合

クリニックの効果が半減するのは嫌なはず。購入前に担当の先生に相談する事をおすすめします。

トリアスキンエイジングレーザーの対応部位はどこ?美顔器でどこをケアできる?【まとめ】

トリアスキンエイジングレーザーの対応部位はどこ?【まとめ】

結論としてトリアスキンエイジングケアレーザー でケアできる部位は下記のとおりです。

  • 顔の皮膚の下に骨がある部位はケアできる
  • 顔の皮膚の下に骨がない部位はケアできない
    (目やまぶたなど)
  • やけど、切り傷がある部位はケアできない
  • タトゥーがある部位はケアできない
  • 顔以外の部位はケアできない

という感じです。

基本的には皮膚の下に骨がある部分(顔)はケアできます。

やけど、切り傷などの不具合がある場所、タトゥーがある部位はケアできません。
美容クリニックなどで顔を施術している人は、クリニックの担当に相談してから利用しましょう。

首などの顔以外の部位もケアできないとは言えませんが、顔以外の使用は試験されていないので、あくまでも自己責任の利用になります。

 

トリアスキンエイジングケアレーザーの詳しい使用方法や効果についてか公式サイトを確認して下さい。公式サイトなら、取り扱い説明書もダウンロードできるのでチェックしましょう。

使ってみて微妙だったら30日間全額返金保証があるので、返品すればOK。

>>詳しい内容はトリア公式サイトへ 

\30日間全額返金保証・10,190円割引
トリア公式サイトで
詳細を確認する>>

※2年保証・選べるプレゼント付き